tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【カナダ】【トロント】CNタワー「グラスフロア」を体験する!(シーエヌタワー・CN Tower)

【カナダ】【トロントCNタワー「グラスフロア」を体験する!(シーエヌタワー・CN Tower)

 

f:id:tabiru:20170228143022j:plain

トロントと言えばCNタワー、というくらいシンボル的な存在です。

 

CNタワーは、映画でトロントの街並みが紹介されるとき必ずと言っていいほど写っていいますので、旅行で訪れて以降、見るとなんだかうれしくなります。

 

実は、ナイアガラの滝に行く為に寄ったトロントだったので、特にCNタワーにも興味が無く、観光もスルーしようと思っていましたが、トロント出身の方が、トロントに来たならCNタワーにのぼらなくっちゃ、ということで案内してくださったのです。

 

振り返れば、今はよい思い出のひとつになっているので、案内してくださったことにめちゃくちゃ感謝しています!

 

トロントへ行ったら、一度はのぼられることをおすすめします。

 

 

さて、せっかく案内してくださるなら楽しまなくちゃと思い調べたところ、CNタワーの中に「Glass Floor(グラスフロア)」と呼ばれるガラス張りの床があることを知りました。

 

これは上にのらなきゃ!

 

f:id:tabiru:20170228141640j:plain

夜でしたので下の風景があまりよく見えませんでしたけど、車の往来がものすごーく小さく見えました。

 

お尻がムズムズする高さです。

 

昼間のよく見えるときだったら、もっと迫力があったかも。

 

日本人観光客がガラスの上に乗るのを怖がってキャーキャーさわいで盛り上がって、かなり盛り上がってました。

 

それにしても、CNタワーは1976年と昔に建てられただけあって味わい深く、このグラスフロアがいつからあるのかわかりませんが、格子のゴツイこと!(笑)

 

今だったらこんな風に視界を遮る作りになってないですよね。

 

 

東京タワーの大展望台の1階にもガラスフロアのような「ルックダウンウィンドウ」という場所があります(高さ150m)

 

しかし、CNタワーはなんと言っても高さ553mで世界一※1で、グラスフロアーからは342mあり、東京タワーの約2倍の高さからの風景は見てみる価値はあると思います。

 

ちょっと神様気分かも。

 

CNタワーは2006年、世界一高い塔の記録30周年を迎えました。

 

447mにある展望台「スカイ・ポッド」は、世界一高い展望台※2でもあります

 

※1(2007年以降はドバイのブルジュ・ハリーファが世界一で、829.84mです) 

※2(2011年以降は中国の広州塔が世界一で488m)

 

CNタワーをお得に訪れる方法

 

観光地がお得に巡れるトロントシティパスにCNタワーは含まれています

 

・Toronto CityPASSAdult (13+) $72.00

 

他にも名所を周るならパスがお得かもしれません。

 

しかし、高さ346mある最初の定番展望台地点「ルックアウト」までなら無料でのぼれる方法があります

 

それはCNタワーにある「360レストラン」の記事で紹介したいと思います

 

場所 地図

時間 日~木9:00am - 10:00pm 金・土9:00am - 10:30pm 料金

General Admission + SkyPod

Adult (13 - 64) $35.00 + $12.00 = $47.00

Senior (65+) $30.00 + $12.00 = $42.00

Child (4 - 12) $25.00 + $12.00 = $37.00  

※営業時間は季節によって異なりますのでサイトでご確認ください 

※料金はアトラクションとセット価格など種類がいくつかあります  

営業時間、料金、回転式レストランの詳細を確認できます

 CN Tower(シーエヌタワー)オフィシャルサイト

 

 関連リンク

tabiru.hatenablog.com

スポンサーリンク