tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

新幹線「特大荷物」、20日から事前予約制に。車両最後部のスペースに、自由に荷物が置けなくなります。

 新幹線「特大荷物」、20日から事前予約制に。車両最後部のスペースに、自由に荷物が置けなくなります。f:id:tabiru:20200521090004j:plain

画像参照 特大荷物スペースつき座席 事前予約


スポンサーリンク

 東海道・山陽・九州の各新幹線で5月20日から、

 3辺計160cm超250cm以内の「特大荷物」 

を車内に持ち込む時の事前予約制が始まります。

予約せずに持ち込むと手数料1000円が必要になります。

予約に追加料金は発生しません。

予約方法は以下の2通りです。 

 

予約方法

・駅や旅行会社のきっぷうりばで「特大荷物スペースつき座席」を希望の旨を係員に伝える。

・駅の指定席券売機や、JR東海JR西日本JR九州のインターネット予約サービス※で「特大荷物スペースつき座席」を予約する。 

※「エクスプレス予約」「スマートEX」「e5489」「JR九州インターネット列車予約」 

 

中川家によるCM 

本物の駅員さんみたい!車内アナウンス調のお知らせが楽しいCMです。

 

 荷物の形状や重さ等により、荷物棚や足元に収納することが難しい場合には「特大荷物スペースつき座席」の予約がおすすめです。

東海道・山陽・九州新幹線各駅では荷物サイズ測定台も設置しています。

東海道新幹線の荷物棚は、奥行き約42cmで、3辺合計160cm(例:30×50×80cm)程度の荷物であれば、概ね収納できます。 

普通車の足元は概ね3辺120cm(例:25×40×55cm)程度の荷物であれば収納できます。

楽器、娯楽用品、車椅子、ベビーカー、など160㎝越でも予約が不要なものはありますが、特大荷物スペースの利用を希望する場合は事前に予約が必要です。 

詳細は下記リンクでどうぞ。 

 

関連リンク JR特大荷物スペースつき座席 事前予約

京都・亀屋良長『スライスようかん(小倉バター)・京都限定商品』(感想レビュー)

 京都・亀屋良長『スライスようかん(小倉バター)・京都限定商品』(感想レビュー) 

f:id:tabiru:20200503133847j:plain

亀屋良長・スライスようかん(小倉バター)2枚入 540円 

日保ち:14日(常温)

 

パッケージを見て思わず「なにこれ!?」

亀屋良長のスライスようかん。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20200505145551j:plain

亀屋良長は創業1803年の京菓子司。

亀屋良長の『烏羽玉』(うばたま)は有名ですね。

近年は、京都のテキスタイルブランドSOU・SOU伊勢木綿製のポチ袋に入っている『宝ぽち袋』もよく雑誌に取り上げられています。

以前に紹介しています→

 

f:id:tabiru:20200505145642j:plain

トーストにのせて焼くだけで、ご自宅で手軽に”小倉バタートースト”ができます。 

スライスようかんは、トースターでようかんがグツグツなるまで焼くのがコツ。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20200503134017j:plain

 スライスようかん2枚入が薄いビニールで仕切られてて、袋はひとつに入ってます。

1枚取り出そうと思ったんですが、ひっついてきてしまって結局2枚出てきてしまいました(;^ω^)

 

f:id:tabiru:20200505145819j:plain

 丹波大納言小豆の粒あん羊羹に、沖縄の塩を効かせたバター羊羹とケシの実をトッピングされています。

ケシの実をトッピングしているところが老舗和菓子屋さんらしい!

 

f:id:tabiru:20200505150008j:plain

チンッ!

スライスようかんが焦げやすいかもしれないと思って、先にトーストしてから、後のせしました。

食パンをよくトーストしてから食べたい方は後のせががおすすめです。

ようかんの滑らかな舌触りと、薄いんですがねっとり濃厚なようかんの味が、とても上品。

大人の小倉トーストです。 

スライスようかんは自分用に買うにはちょっと高いけど、プチプレにちょうどいいお値段。

京都限定商品で購入できる場所も限られているので、お土産におすすめです。

 

関連リンク 亀屋良長公式サイト

丹波黒大豆の小西のパン (コニシノパン)(感想レビュー) 兵庫県丹波篠山市篠山口(感想レビュー)

丹波黒大豆の小西のパン (コニシノパン)(感想レビュー) 兵庫県丹波篠山市篠山口(感想レビュー)  

f:id:tabiru:20200427234011j:plain

わっ!なにこれ!

店頭でずらっと並ぶ小西のパン。

迫力を感じて買ってみました。

美味しいものって、オーラを放ってる感じがしませんか?


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20200425181153j:plain

丹波篠山小西の黒豆パン  600円(税込)

 

創業明治二十六年!

丹波篠山産丹波黒大豆を8~9時間じっくりと煮込んでるとのこと。

すごく手が込んでます。

小西のパンを求めて 丹波篠山を訪れる人も多いとか。

そんなに人気のパンが売られていたことにびっくりです。

もともと仕入れの予定があったのかわかりませんが、チラシ広告も自粛しているため買いに来た人しかわからない状態だったので買えたのだと思います。

なんてラッキーな私。

小西の店構えを他のサイトで見たんですが、昔ながらの素敵なお店でした。

 

春にはお隣の三田市の『花のじゅうたん』を見に行きつつ、小西のパンを買うのもおすすめみたい。

黒豆パンは売り切れご免の人気商品ですので、先に購入しておくのがおすすめです。

 

 丹波篠山の人気観光スポットはこちら>>

 

f:id:tabiru:20200427141353j:plain

表面の黒豆が食欲をそそります。

丹波の黒豆は大粒なのが特徴なんだそうですよ。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20200427141420j:plain

パンはふかふか、優しい手作りの味がします。

黒豆は自然な甘みで柔らかく、子供や高齢者にも食べやすい柔らかさ。

あんこ未満なありそうで無い豆パンです。

素朴な味に温かみがあって、懐かしい味なんですが古臭くささはありません。

改良に改良を重ねられてるのではないかなぁ。

バターロール1.5個分くらいの、やや大ぶりなパンなんですがペロッと食べられました。

「2袋買っておけばよかった」と後悔する感想が多いのもわかります。

 

 

小西のパン

住所 兵庫県篠山市魚屋町23 

営業時間 7:00~17:00(売り切れ次第閉店) 定休日 火曜

パンは予約可能(売り切れ次第お店を閉めるので早めに取りに来て欲しいとのこと)

TEL 079-552-0052