tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。


スポンサーリンク

アトリエうかいクッキー『バナナマカダミア』(感想レビュー)

アトリエうかい『バナナマカダミア』(感想レビュー)

f:id:tabiru:20210613104647j:plain

 アトリエうかいクッキー『バナナマカダミア』680円税込

 アトリエうかいのクッキーと言えば缶入りのフールセックが有名ですが、プチプレにも使いやすいのが小箱入りのクッキーシリーズ。

賞味期限も約1ケ月半ほどありました。

今回はバナナマカダミアを自分用に買ってきました。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20210613175121j:plain

ひと口サイズのクッキーがたくさん入ってて、シェアして食べやすい。

とってもバナナの味がする、サクサクしたクッキーです。

 

関連リンク 神奈川・横浜 洋菓子・ギフト「アトリエうかい」

スーパーで買える。二百年の味・納豆元祖『酒田納豆』

【高速バス】東京・神奈川・千葉・埼玉⇒米沢・福島・山形(酒田)>>

 

ちょっと高級なスーパーで見つけた、

納豆元祖・二百年の味『酒田納豆

山形県酒田市にある日本一古いと言われる1788年(天明8年)創業の納豆屋さん『加藤敬太朗商店』の納豆です。

今日はこれで山形県へ旅行に行った気分になろうと思います。

 

f:id:tabiru:20210526104423j:plain

注目すべきは、納豆なのに船とカモメのイラスト!

意外。

素敵なイラストだし有名な人がデザインしたのかな。

検索したけれどわかりませんでした。

 

加藤敬太朗商店の住所は山形県酒田市亀ヶ崎2-3-39。

GoogleMapで山形県へ旅行に行ってみます。。。笑 

 

 

 

山形県(山形・鶴岡・酒田)発着の高速バス路線一覧【楽天トラベル】

 

酒田港が近い。

イラストの船は酒田港に停泊しているんでしょうね。

それにしても船が立派で、海外っぽいデザイン。

酒田港は、山形県唯一の重要港湾、国際貿易港 なのだそう。

へぇー。

戦前までは日本一の大地主としても知られる本間家を生み出した港だそうで、最も権威を振るった江戸時代・3代当主、本間 光丘(ほんま みつおか)は商人としてのみならず公共事業に力を入れ、その功績を光丘神社に祭られています。

えぇ、神社に祭られるって相当すごい人じゃない。

 

背景の山も気になる。

新山かな?

新山は東北2番目に高い山だそう。

あぁ!なるほど山のてっぺんに雪がかぶってるのはそういうわけなんですね。 

地元愛に溢れたパッケージが素敵!

 

ちょっと待って。

f:id:tabiru:20210528125215j:plain

このシマシマの建物は何!?

酒田灯台って感じじゃないですね。

工場の煙突・・・?

酒田港の発展を表現しているのかもしれないですね。

イラストの雰囲気からすると昭和初期くらいに描いてもらったものでしょうか。

いやー、本当に素敵だなぁ。

 

ちなみに加藤敬太朗商店をGoogleMapで覗いてみたんですが、店舗は無いみたいです。

スーパーなどへ卸して販売するスタイルのよう。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20210526104522j:plain

じゃーん、納豆。

たれ、からしは付いてません(パッケージに記載あり) 

 

f:id:tabiru:20210526104533j:plain

紙を取ろうとしただけで、この粘り!!

すごい!!

 

f:id:tabiru:20210526130450j:plain

すごい!すごい!

これが二百年の力か!

納豆菌にパワーを感じます。

 

食べてみたところ、大豆の甘さと、ほっくりした食感が超美味しい。

私はニオイのきつい納豆が苦手なんですが、酒田納豆はニオイも気にならず、美味しい納豆でした。

(*´Д`)また買っちゃうな~。

『酒田納豆』で山形県酒田市もよく知れたし、美味しかったし最高でした!

地方だとなかなか置いてないようなので、見つけたらぜひ食べてみてください。

山形県特産市場『庄内なんでも屋』でお取り寄せもできます。

 

スーパーで買える。フランス旅行気分ビスケット。

 

ユネスコ世界遺産として有名なモン・サン・ミッシェル

 

f:id:tabiru:20210526125653j:plain

そこにある宿屋では、ラ・メール・プラール(ラ・メール=お母さん)の名で親しまれた料理人アネット・プラールが、訪れる巡礼者や子供達の幸運を祈ってビスケットを作り、振る舞っていました。

その彼女のレシピに基づき発売されているラ・メール・プラール

 

 

ちょっと高級なスーパーで見かけるビスケットです。

モン・サン・ミッシェル に行った気分で食べてみます。

 

f:id:tabiru:20210524082340j:plain

めずらしい6枚入りのミニサイズ。

すごく久しぶりに食べました。

ちょっと湿気てるような感じがしなくも無かったけど、こういうビスケットだったかな?

素朴で美味しいです。

 

f:id:tabiru:20210526125809j:plain

小ぶりサイズなのも食べやすい。

ビスケットの1888は、

1888年からビスケット作りがはじまったこと、

8が3つ重なる数字の縁起の良さもあり、

とても評判になったとのこと。

発酵バターや、放し飼いで育てられた鶏から生まれる卵など、厳選された素材を使用してビスケットを作っています。

 

f:id:tabiru:20210524082510j:plain

箱もとっても可愛いんですよね。

この箱、なにかに活かせないものか。むむっ。

 

ラ・メール・プラール東京は2月に閉店しました。

もうあの味は、 モン・サン・ミッシェルまで行かないと食べられない!

残念です。

スーパーで手に入るビスケットでフランス旅行気分はいかがでしょうか。