tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【沖縄・西表島】ツアーで西表島へ出発。まずは石垣島へ。ソーキそばがおすすめ「そば処 ま~さん道」(感想レビュー)

 

f:id:tabiru:20181127112552g:plain

参考画像 南ぬ島 石垣空港

沖縄(本島)に行くつもりだったのですが、沖縄のほとんどの島を巡った人が、

「沖縄に行くなら西表島がいいよ」とおすすめ頂いたので、西表島に行くことにしました。

西表島八重山諸島のひとつで、全体の90%以上が熱帯・亜熱帯の原生林で覆われている島です。

手つかずの島、と呼ばれるくらい自然なままに、人の立ち入りを禁止している区域もあります。

 

 八重山諸島のおすすめの観光スポットなど!コチラ>>

 

西表島にはツアーを利用しました。

ツアーと言っても航空券+宿泊ホテルがセットになったプランで、添乗員はいません。

他のツアー客と一緒に移動する必要もありませんので、ほぼ個人旅行です。

個人で手配するよりリーズナブルに済んだのでおすすめです。

 

西表島(航空券+宿泊ホテル)のツアーを検索>> 

 

西表島旅行のおすすめアドバイス 

朝早く出かけない限り、西表島には夕方の到着となります。

なので到着日はご飯を食べて寝るだけ。

シュノーケルを楽しみたい人は天候によって左右されてしまうので、最低でも2泊は必要だと思います。

あらかじめ滞在日数を長くとっておくほうがおすすめです。

また延泊したいと思うことがあるかもしれません。

多少高いだけなら、日付の変更の効く航空チケットを購入するのがおすすめです。

西表島には宿泊施設が少ないので、人気のあるホテルなどはすぐに予約が埋まります。

はやめの旅行計画がおすすめです。

 

f:id:tabiru:20181127113118j:plain

まずは石垣島まで飛行機にのっていきます。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20181127113251j:plain

やがて海がキレイなエメラルドグリーンになって、

 

f:id:tabiru:20181127113343j:plain

石垣島が見えてきました!

石垣島から西表島には高速フェリーに乗り換えます。

フェリーが出発するまで時間があったので、お昼ご飯を食べることにしました。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20181127113524j:plain

石垣島に来たら、名物のソーキそばを食べておきたい!

ソーキとは沖縄の言葉で豚のスペアリブのことです。

ソーキそばはチャーシューの代わりに豚のスペアリブがトッピングしてあります。

沖縄そばは、ソーキそばを指すことが多いですが、地域や店によって異なります。

ソーキそばの有名店「そば処 まーさん道」に行きました。

ソーキそばは地元の人が通う店のものは、本土に人にはちょっと癖があるそうです。

そういう意味で、まーさん道は初心者にもおすすめだそう。

フェリー乗り場からも近いので便利です。

「まーさん」は沖縄の言葉で「美味しい」のという意味。

「まーさん」と呼ばれるおじさんがやってるんだと思ってました。

 

f:id:tabiru:20181127113553j:plain

店内には名刺がびっしり貼ってあります。

お客さんが記念に貼っていくみたいですね。

ま~さん道は居酒屋さんも兼ねていて、オリオンビール石垣島地ビールなども置いてます。 

よく見ると、メニューにも名刺が貼ってありますね(;^ω^)

 

 

 

 

 

f:id:tabiru:20181127113614j:plain

ソーキそば750円

ソーキがやわらかくて美味しい~。

スープも最高!ごくごく最後まで飲んでしまいました。

たっぷりのソーキそばで満足。

ふたりで訪れるなら、もうひとりは別のそばを注文して食べ比べしてもいいかも。

 

そば処 ま~さん道

住所 沖縄県石垣市美崎町3番地

営業時間 11:00~20:00

他に気になったお店は石垣空港から車で50分の「明石食堂」ものすごく美味しいらしいです!