tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【大阪】コムデギャルソンやSupremeのコラボバッグ!阪急うめだのルイ・ヴィトン「TIME CAPSULE」展 その4(感想レビュー)

【大阪】コムデギャルソンやSupremeのコラボバッグ!阪急うめだのルイ・ヴィトン「TIME CAPSULE」展 その4(感想レビュー)

 

f:id:tabiru:20180728103658j:plain

最後の方になってくると、コラボの展示がありました。

これはSupremeとのコラボです。

思い切った赤が大胆。

持ってたらかなり目立ちますね。

f:id:tabiru:20180728103736j:plain

 青いモコモコリュックはマーク・ニューソンルイ・ヴィトンによるモノグラム・キャンバスとウールの「フリースパック」(2014年)

下段(左)はモノグラム・キャンバスのバッグ「ミニ・スピーディ カスタマイズ」(2009年)コムデギャルソンとのコラボレーションです。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20180728103721j:plain

右の穴が空いてるバッグを見て、なぜ穴をわざわざあけてるのかなぁ?と不思議でした。

しかし、川久保玲ルイ・ヴィトンによるモノグラム・キャンバスの「バッグ ウィズ ホールズ」(2014年)と知って、あぁ、納得。

なるほどこういう風になるんだ。

グッと目を引くデザインでした。

 

f:id:tabiru:20180728103804j:plain

フランク・ゲーリーが「celebrating Monogram」プロジェクトにてデザインした「ツイステッドボックス」(2014年・複製)

celebrating Monogramは、誰もが知っているモノグラムを、独創的かつ、これまでにない手法で表現するという試みだったのです、

ツイステッドバッグは実用性よりも、芸術性の高いバッグですね。

持ってみたらどんな感じなるのかな。

f:id:tabiru:20180728103823j:plain

レザーのバッグ「ドラ」と「システィ・スティーマー」

システィスティーマーはミランダカーも愛用してますよ、みたいな写真が一緒に掲示してありました。

スティーマーバッグは1901年にトランクの中に入れることのできる小さなバッグとして開発されたそう。

え?じゃあ本来は持ち歩き用バッグではないのかな?

カチッとしたフォルムはトランクの中で潰れないようにという配慮があるのかもしれないですね。

f:id:tabiru:20180728103855j:plain

パピヨン。右は マークジェイコブスのデザイン。

学生の頃、左のタイプを持ってる女の子がいたな、と記憶がフッと蘇りました。

その女の子とは仲良くも全く無いんですが、いつもパピヨンを持ってたのでルイ・ヴィトンのバッグの子、と言えば彼女を差す感じで。

バッグなどの持ち物にこだわることで印象づけることができるんだなぁ。

f:id:tabiru:20180728103934j:plain

モニター搭載のトランクが展示されてて、何でも作れますよ!というPRなのかな?

どうやってモニターがついてたか、近づいて見ればよかったな、と今なら思うのですが、多くの人が遠巻きに眺めてるところへ、ひょっこり見に行く勇気はやっぱり無かったと思います。

f:id:tabiru:20180728104117j:plain

来場記念に無料でもらえた絵葉書。

右にモニターがあって、プッシュするとランダムに選ばれた絵葉書が出てきます。

どれが出るか楽しみ!

左のわんちゃんの絵柄のハガキをもらいました。

何に使おうかな。

スタッフからラインのQRコードも頂いて、壁紙がダウンロードできるとありました。

f:id:tabiru:20180728104222j:plain

出口ではヴィトンの職人さんによる実演をしていました。

バッグの取っ手を糸と針で縫ってました。

ヴィトンのバッグは全部こうして手作りで作られてるそうです。

f:id:tabiru:20180728104143j:plain

ルイ・ヴィトン氏ってこういう人だったんですね!

髪型がなんだか可愛い。

いやー!時代を経てバッグを眺めて見ると、現代と昔のバッグの用途が異なっていて、ヴィトンは時代に合わせてバッグを製造してきたことがわかりました。

とても興味深い展示で、面白かったです!

今回の展示を見れなかった方もいると思いますが、近年、ヴィトンはこうした展示をしていますので、チャンスがあればおすすめです。

ルイ・ヴィトンは2018年の今年、初の黒人デザイナーとなるヴァージル・アブローがクリエイティブディレクターに就任するなどしていて、今も革新的な姿勢のままなんだなとわかりました。

ヴァージル・アブロー初のランウェイで、友人のカニエウエストと抱き合って涙を流す姿がニュースが流れ、その横に過去にルイ・ヴィトンとコラボした村上隆氏もいたのが印象的でした。

 

参考:ルイ・ヴィトン公式サイト