tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【大阪・北浜】北浜の人気のパン屋さん『まん福ベーカリー』カレーパンなど(感想レビュー)その4

【大阪・北浜】北浜の人気のパン屋さん『まん福ベーカリー』カレーパンなど(感想レビュー)その4

f:id:tabiru:20190520114133j:plain

『まん福ベーカリー』で人気のカレーパン(250円外税)が売ってました!

カレーパンが美味しいと聞いていたので、ずっと食べたいと思っていたのです。

以前にお店の人に聞いたら今は作ってないと返事があり、季節のパンなのかな?

カレーパンは丸く平べったい形をしています。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20190520114206j:plain

半分に切ってみたけど中身がよく見えないですね(;^ω^)

お肉がごろごろ入ってて、大人味のカレーパン!

パン生地は見た目が油っぽいんですが、食べてみると、あら?全然気にならない。

具材と生地のバランスが良くて、美味しいカレーパンでした。

人気なのもわかるなぁ。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20190517205757j:plain

チーズバーガー(680円外税)

パンを選んでたらお店の方が「チーズバーガーできました」と言って置いたのが1個!

できたてで1個!?

さすがに気になるじゃないですか!?

包みを開けたらソースがたっぷり。

チーズバーガーは肉肉しいバンズに、大きめのピクルス、トマトが入ってて、アメリカンな味。

これ、レストランで出てくるレベルのやつ!

チーズバーガーですが、ソースやトマトの味に押されてチーズの存在感は薄めです。

680円は高いと思ったけど、ボリュームを考えればこれくらいするよね。

また食べたい。

 

f:id:tabiru:20190517210723j:plain

ローストビーフとゴーダチーズのカスクート(480円外税)

歯ごたえのある肉厚なローストビーフで美味しいです。

 

f:id:tabiru:20190517211534j:plain

ソーセージあげあげ(130円外税)

このネーミングセンス!!

もっちりした揚げ生地にソーセージがくるまれてて美味しいです。

アメリカンドッグのパン版といったところでしょうか。

 

f:id:tabiru:20190517211731j:plain

ジャーマンポテト(180円外税)

じゃがいも系のパンにハズレ無し。どれも美味しい。

 

f:id:tabiru:20190517212825j:plain

ベーコンエピ(200円外税)

このベーコンエピは、しっかりベーコンが入っているのでベーコンの味を堪能出来て好きです。

適度な硬さもありつつ、食べやすい生地です。

 

f:id:tabiru:20190517213330j:plain

びっくりフランス(190円外税)

ソーセージが1本入ったパンです。

 

f:id:tabiru:20190517212151j:plain

やきそばドッグ(170円外税)

このやきそばドッグは売ってたら必ず買ってしまう。

安定の美味しさ。

 

f:id:tabiru:20190517214112j:plain

ピーナッツ(170円外税)

ピーナッツバターが入った細長いパン。

もちもちしたパン生地とピーナッツバターが何とも言えない美味しさで、いつもデザート感覚で最後に頂いてます。

これも必ず買うパンでおすすめです。

 

まん福ベーカリー

営業時間 10時~22時

定休日 月曜日、第3火曜日 

店内が狭いので混雑時には外で待たなければならないこともあります。

レジに時間がかかることもあります。時間に余裕をもって行くのがおすすめ。

住所 大阪市中央区北浜東5-1

最寄り駅:地下鉄堺筋線 北浜駅出口4、京阪本線・北浜駅出口30、徒歩5分

お店に駐車場はありませんが、近隣にコインパーキングがあります。

 リパーク北浜東第3(大阪市中央区北浜東4−33 )

レーズンウィッチ・KAMAKURA OGAWAKEN 鎌倉 小川軒(感想レビュー)

レーズンウィッチ・KAMAKURA OGAWAKEN 鎌倉 小川軒(感想レビュー) 

f:id:tabiru:20190511120938j:plain

 先日、小川軒御茶ノ水のレーズンウィッチを食べて、他の小川軒のレーズンウィッチも食べたいなぁと思っていたんです。

そしたら『KAMAKURA OGAWAKEN 鎌倉 小川軒』の催事に偶然遭遇!

思わず二度見しましたよ。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20190511121016j:plain

シックなパッケージの中には、ややポップな「お菓子の家」の包み紙のレーズンウィッチ。

レーズンをはさんだり、アーモンドをトッピングしたり、職人さんの手で作られています。

一部は機械を使っているものの、なるべくハンドメイドの温もりを大事にされているそうです。


スポンサーリンク

f:id:tabiru:20190511121110j:plain

 見た目は『小川軒 御茶ノ水のレーズンウィッチ』と変わらないかな?と思ってたけど、

 

f:id:tabiru:20190309155336j:plain

『↑小川軒 御茶ノ水のレーズンウィッチ』

改めて比べてみるとサブレの生地感が全然違いますね。

 

小川軒御茶ノ水楽天からお取り寄せできます(^^)

 

f:id:tabiru:20190511121137j:plain

レーズンがたっぷり入ってます。

8年熟成のジャマイカラム酒で煮上げ、ラムレーズンを自社製造してます。

サブレ生地があっさりしているので、レーズンの味が引き立ちます。

バターサブレの原材料にショートニングを使用されていて、それでさっくりした食感になっていると思われます。

ホロホロと崩れるので、こぼすの注意です。  

 

関連リンク KAMAKURA OGAWAKEN 鎌倉 小川軒

関東には店舗がいくつかあります。東京駅一番街1Fトウキョウミタスが買いやすそう。 

幸せを呼ぶお菓子『ポルポローネ』お菓子工房 Mille-feuille(ミルフィーユ)感想レビュー

Mille-feuille ~ お菓子工房 ミルフィー

 

f:id:tabiru:20190427161104j:plain

大阪の北の地域を『北摂』と呼ぶんですが、そちらで1987年からお店をかまえるMille-feuille ~ お菓子工房 ミルフィーユ。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20190427161053j:plain

ポルポローネ(972円)

 

f:id:tabiru:20190427161232j:plain

 ポルポローネは幸せを呼ぶお菓子。

スペインのアンダルシア地方に古くから伝えられる「幸せを運ぶお菓子・ポルボロン」をミルフィーユ独自の製法でアレンジしたものです。

ポルボロンはホロホロと崩れるお菓子で、口の中に入れて崩れないうちに

ポルボロンポルボロンポルボロン

と3回唱えることができたら幸せになる、願いが叶うという言い伝えがあります。

口の中にいれたまま唱えるってハードル高いですね(;^ω^)

ちなみにこのポルボロンがフランスに渡って『ブール・ド・ネージュ』英語名は『スノーボール』となりました。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20190427161407j:plain

 ポルポローネは18個も入ってます!

箱もしっかりしてて高見えするお菓子です。

ちょっとしたプレゼントにも使えそう。

ポルポローネは新大阪駅大阪駅(梅田)周辺で買うことができるので、バラマキのお土産にもおすすめです。

大阪らしさは無いけれど、『大阪のちょっとした話』の冊子が大阪土産っぽさが出てます。

賞味期限も1ケ月あります。

 

f:id:tabiru:20190427161647j:plain

ポルポローネはひとくちサイズ。

サクッ、カリッ、とした食感で、「ブール・ド・ネージュ」や「スノーボール」に近いですね。

やや甘めなので小ぶりながらもコーヒーなどのお茶うけにぴったりです。 

 

Mille-feuille 〜 お菓子工房 ミルフィーユ

エキマルシェ新大阪

アントレマルシェ新大阪中央口店

ハートインJR大阪駅桜橋口内店

アントレマルシェ大阪

阪急高速バス大阪梅田ターミナル