tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【大阪・梅田】ご飯のお供に出会える!日本うまいものセレクトショップ「久世福商店」

日本うまいものセレクトショップ「久世福商店」

 

f:id:tabiru:20170708121823j:plain

 茶屋町から阪急方面へ、梅田で通りすがりに「日本うまいものセレクトショップ」が目に飛び込んできて、おっ、それなら寄ってみるとかと足を止めました。

 こんなところにこんなお店があったかな?と思ったら4月27日にオープンしたばかりの久世福商店でした。

信州のサンクゼールという会社が運営しています。

 

f:id:tabiru:20170708121837j:plain

 大正時代の店蔵を模した店内はなんだか落ち着く~。

久世福商店の目利きバイヤーさんが全国を巡ってセレクトした商品が並んでいます。

店内にはクラッカーにソースをつけれる試食もあり、人気商品だという韓国万能だれも置いてありました。

 

はじめて来店したのになんかこの試食知ってるぞ?と思ったらカンブリア宮殿(2016年11月3日放送)で紹介されていました。

そうだそうだ、みなさん美味しそうに食べてたんですよね。

ご飯のお供になりそうなオカズもたくさんあり、お値段も300円程度からと買いやすいものも見受けられます。

とても危険(笑)

 

「鰹節屋がつくった食べるだし醤油」シリーズが人気です。

他にもよく見ると大阪で有名なゴマや昆布が久世福商店オリジナルのパッケージで販売されていました。

大阪土産としても使えそう!

 

 京都・老舗あんこ屋の小倉あんも気になる!

これは賞味期限が365日あるので買っておいても良かったかも~。

f:id:tabiru:20170713101407j:plain

 こちらの店舗では信州の久世福おやつ工房から届けられる「和ジェラート」も販売しています。

ジェラートは信州黒姫高原の牛乳でできています。

黒姫高原の牛は牧草が生い茂る広い草原の中を、牛たちは自由に動き回り、のんびりと牧草を食べ、夜も牛舎に入らずにふかふかの草の中で眠るストレスフリーな環境で育てられています。

そのためまろやかでやさしい味わいの牛乳になるのだとか。

このときは時間が無かったので食べれませんでしたがいつか食べてみよう!

 

 久世福商店 阪急三番街店

住所:大阪府大阪市北区芝田1丁目1-3 阪急三番街 北館1F

 営業時間:10:00~21:00

【京都・祇園】屋上ビアガーデンから祇園祭の神輿洗いを見物できる「レストラン菊水」

レトロな洋館は国の登録有形文化財

 

f:id:tabiru:20150920094742j:plain

四条大橋近くに建っている5階建ての洋館がレトロで素敵な「レストラン菊水」

大正5年(1916年)に創業し、建物は国の登録有形文化財に指定されています。

向かい側に南座があり、そちらに気をとられがちですが、レストラン菊水の建物も可愛いく眺めるのが好きです。

1階はカフェ、2階はレストラン、3,4階は披露宴もできる宴会場で5階が屋上ビアガーデンです。

洋館なのに屋上にビアガーデンの提灯!

そのアンバランスさがたまらなくいいっ!

 

屋上ビアガーデンは、盛り合わせ料理12品 + 飲み放題(アサヒスーパードライ・黒生・ハーフ&ハーフ・樽ハイ・ハイボール・梅酒・アサヒドライゼロ・ソフトドリンク)で男性:3,450円(税別)、女性:2,950円(税別)とお手軽価格。

他にもメニューがあります。

毎年、7月10日に祇園祭の行事のひとつ、神輿洗式が四条大橋~八坂神社で行われます。

大たいまつが八坂神社と四条大橋の間を往復して清めた後に、白い法被姿の氏子らが「ほいっと、ほいっと」と掛け声をあげながら四条大橋まで神輿を担ぎます。

その様子をレストラン菊水の屋上ビアガーデンから眺めることができます。

 

レストラン菊水

ビアガーデン(5~9月)PM5:00 ~ PM11:00 (御料理オーダーストップ PM10:00)