tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【ラスベガス】グランドキャニオンの行き方(2日目)

【ラスベガス】グランドキャニオンの行き方(2日目)

 

f:id:tabiru:20030921075124j:plain

グランドキャニオンには行きたいと思っていたので日本から現地ツアー(ラスベガス大全で紹介されていたツアー)を予約しました。

現地で探しても見つかるようですが、人気のツアーのため空きが無いこともあるそうです。

また現地から日本の代理店を通して申し込むと高価になることが多いです。

 

ラスベガスからグランドキャニオンに行くツアーはいくつかあります。

セスナ、ヘリコプター、バス、どの方法にするか悩みます。

私はセスナツアーにしました。

セスナツアーを選んだ理由や、ツアーの特徴について紹介します。

 

 ※ツアー代金以外にFee (空港利用税、国立公園進入税、航空燃料調整金など)が必要です。

・セスナ日帰りツアー

価格の目安 $280、所用時間の目安 6時間  

セスナツアーには、ホテルから空港までの送迎やお昼ごはんが含まれています。

価格、所用時間など総合的にみてセスナがいちばん便利なツアーだと感じました。

午後のまだ明るいうちに解散になるので、他の観光を楽しむ時間があります。

天候が悪い場合はキャンセルになります。

 

・ヘリコプター日帰りツアー

価格の目安 $490、所用時間の目安 4時間  

ヘリコプターは少人数で飛ぶため高価ですが、グループで貸切にできるのが魅力です。

また低空飛行できるため見応えがあると聞きます。

当時は風の影響で墜落事故が何件か発生しており、私がラスベガスを訪れた期間にもヘリコプターが墜落しました。

ヘリコプターツアーを選ぶときはベテランの会社を選ぶのがおすすめです。

天候が悪い場合はキャンセルになります。

 

・バス日帰りツアー

価格の目安 $150、所用時間の目安 16時間 

私がチエックしたバスツアーはフーバーダムにも立ち寄りグランドキャニオンに行くというもの。

フーバーダムは映画にも登場する巨大なダムで、実際に見る価値はあると思います。

それに価格がツアーの中でいちばんリーズナブルで魅力的。

価格にはお昼ごはんが含まれています。

しかし、早朝にラスベガスのホテルを出発し、帰宅は深夜で1日を使用します。

何よりもバスの乗車時間が往復で12時間程度かかると聞き、車酔いをしやすい私には無理かも、と思って諦めました。

メリットはよっぽどの悪天候でない限り、ツアーが遂行されることです。