tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【大阪】板垣退助氏のトランク!阪急うめだのルイ・ヴィトン「TIME CAPSULE」展 その3(感想レビュー)

 【大阪】板垣退助氏のトランク!阪急うめだのルイ・ヴィトン「TIME CAPSULE」展 その3(感想レビュー)

f:id:tabiru:20180728103325j:plain

日本人で初めてヴィトンのバッグを購入したと言われる板垣退助氏のレイエ・キャンバスのスティーマー・トランク(1883年)です。

板垣氏は1882~83年に「板垣洋行」と呼ばれる欧州視察をしていることから83年1月に購入したとみられます。

ITAGAKIのロゴがカッコイイですね。

f:id:tabiru:20180728103427j:plain

近寄って見ると、底部は擦れて木がむき出しになっていました。

当時は木で作られてたんですね。

気に入って使っていたと思われますが、船旅などで傷んだんのかなぁ。

 当時の旅がどんなものだったのか、ちょっとロマンを感じました。


スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20180728103337j:plain

モノグラム・キャンバスのウィスキーケース(1955年)

こだわりのお酒飲みのためのケースですね。

f:id:tabiru:20180728103237j:plain

なんと!お茶道具を入れるバッグもありました。

セレブな奥様が持ってそう!

f:id:tabiru:20180728103248j:plain

これはサッカーボール?こんな高級品は蹴れないですね。

イカバッグとして活用することもできそう。

f:id:tabiru:20180728103504j:plain

つづら程の大きなメール・トランク。

船で運ぶ際に使用されたそうです。

スタッフさんが「このモノグラムは手描きなんですよ」と教えてくれました。

手描き!?

f:id:tabiru:20180728103646j:plain

近づいて見ると、本当だ!なんだか味わいのあるモノグラム

ある意味、偽物感があります(笑)

今のプリントのモノグラムを見慣れているせいでしょうね。

当時はモノグラムをひとうひとつ描いていたとは!

模造品防止もあって模様を描いていたそうで、当時からコピー商品に悩まされていたとは!

続きます。