tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【大阪】市川海老蔵氏のトランク!阪急うめだのルイ・ヴィトン「TIME CAPSULE」展 その2(感想レビュー)

【大阪】市川海老蔵氏のトランク!阪急うめだのルイ・ヴィトン「TIME CAPSULE」展 その2(感想レビュー)

f:id:tabiru:20180728103036j:plain

身だしなみの道具類がぴったり収まってるヴィトンのトランク。

カッコイイ!

f:id:tabiru:20180728103121j:plain

素敵だな~。

使わないけど、こういうモノに惹かれます。

 


スポンサーリンク

f:id:tabiru:20180728103056j:plain

モノグラム・ペーパーのフラワートランク(1914年)

えぇ!?花を生けるためのトランク!?

調べたら、花がしおれたら、トランクとして使ったり、裁縫箱やシガレットケースに作り変えることもできるのだそう。

女性へのプレゼントにルイ・ヴィトンの素敵な演出ですね。

1914年はルイ・ヴィトンも拡大して、従業員が225人になっていた頃です。

ルイ・ヴィトンのバッグをもらって喜ぶ女性も多かったでしょうね。

f:id:tabiru:20180728103209j:plain

 市川團十郎が設計し、市川海老蔵のために特別に製作された着物ケース(2004年)

お父様から息子へのプレゼントって素敵!

2004年は海老蔵さんの襲名披露のあった年。

お父様はとっておきの記念になるプレゼントを贈られたんですね。

カスタムオーダーで世界にひとつしか無いバッグが作れるのがルイ・ヴィトンの魅力でもあるんでしょうね。

オーダーに応えられるだけの技術も必要ですし。

f:id:tabiru:20180728103219j:plain

中に収められてる帯も素敵。

表記が木としか書いてなかったのですが、やっぱり桐が使われているんでしょうかね。

続きます。