tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【大阪・梅田】リニューアルした「阪急古書のまち」(阪急かっぱ横丁南隣り)内に創業明治36年の古本屋「杉本梁江堂」

【大阪・梅田】リニューアルした「阪急古書のまち」(阪急かっぱ横丁南隣り)内に創業明治36年の古本屋「杉本梁江堂」

 

f:id:tabiru:20180113131545j:plain

大阪・梅田の「阪急古書のまち」(阪急かっぱ横丁南隣り)がリニューアルされて、素敵な通りに変身してました!

和風な店構えが並んで趣があり、通るだけでも楽しい!

以前の「阪急古書のまち」も、繁華街の中に時が止まったかのような通りで、それはそれで面白かったのですけれど、ちょっと近寄りがたい雰囲気でした。

今は明るくなり、ショーウインドウも設けられ、気軽にお店を覗ける雰囲気があります。

又吉直樹さんのような方がぶらりと訪れるのが似合いそう。


スポンサーリンク

写真は創業明治36年の古本屋「杉本梁江堂」(すぎもとりょうこうどう)です。

演劇、演芸、映画、音楽の書籍のほか、浮世絵・版画や、 郷土玩具も取り扱っています。 

映画や音楽まで扱ってるとは知りませんでした。

郷土玩具って結構面白いものや可愛いものがあるので、覗いたら欲しくなるような物がみつかるかもしれません。

また杉本梁江堂は買取もされていて、大阪府京都府全域・兵庫県全域・奈良県全域は100冊以上で無料出張買取してくれます。

その他日本全国も相談の上、古本・古書の出張買取に応じてくれるそうです。

買取に興味のある方はのオフィシャルサイトに「よくある質問」が掲載してあるのでそちらを参考にしてみて下さい。

リニューアルした阪急古書のまち、おすすめです。

 

杉本梁江堂

住所 大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急古書のまち

(阪急梅田駅2階中央改札口すぐ)

営業時間 11:00~20:00(水曜休)