tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【京都左京区】日本3大門のひとつ。石川五右衛門「絶景かな」で有名。南禅寺の三門から秋の紅葉を楽しむ。

 【京都左京区】日本3大門のひとつ。南禅寺の三門からの紅葉の景色。

f:id:tabiru:20171003102028j:plain

日本3大門のひとつ。南禅寺の三門。

南禅寺の三門は高さが22mあって、近くで見るとすごい迫力です!

歌舞伎「楼門五三桐」(さんもんごさんのきり)で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」で見得を切る舞台として有名です。

なんと三門上部に登ることができます!石川五右衛門気分を味わえるんです!

三門に着いてから「あれ!?登れるの!?」と気がつく人も多いです。

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、三門で石川五右衛門の衣装を着て、名ぜりふ「絶景かな、絶景かな」という場面をドラマ「石川五右衛門」(2016年)で収録したこともあるんですよ。 

海老蔵さんも見た風景をご覧になってはいかがでしょうか。

 

南禅寺の詳細情報&周辺の人気観光スポットはコチラ>> 

スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20171003105812j:plain

三門にのぼれることを知らずに通り過ぎてしまう人が多いです。

紅葉の季節には紅葉に染まる境内や市街を一望できるのでおすすめです。

せっかく南禅寺を訪れたなら三門にのぼって絶景をご覧ください。

良い旅の思い出になると思います!

実際に南禅寺の三門を訪れたレポ→

 

臨済宗大本山 南禅寺

拝観時間 午前8時40分~午後5時( 3月1日~11月30日)・午前8時40分~午後4時30分 (12月1日~2月28日)・拝観受付は拝観時間終了の20分前まで 

料金 500円(外観は無料で眺められ門をくぐることもできます)

住所 京都市左京区南禅寺福地町

アクセス 東西線蹴上駅」下車徒歩10分、京都駅より市バス5系統「南禅寺永観堂道」下車、四条河原町より市バス32、203系統「東天王町」各徒歩10分