tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

だし醤油を加え頂く釜玉は絶品!「山越え」うどんを巡る旅【香川県】

だし醤油を加え頂く釜玉は絶品!「山越え」うどんを巡る旅【香川県

 

f:id:tabiru:20060213101740j:plain

 ホテルを出発。2日目の最初は「山越えうどん」を訪問。釜揚げうどんに、生卵、出汁しょうゆをからめて頂く「かまたま」(小250円)が有名です。

入り口で注文すると5秒とかからず出てきました。驚きのはやさです。

私は見てませんでしたが、店員さんがお湯から手でうどんをすくい出していたらしいです!熱くないの!?

そして、かまたまを持ってレジでお金を支払います。

 

ズゾゾーッとすすると、うどんに絡まった卵で麺がツルツルしてて、やや甘めの出汁しょうゆが美味しい!あっという間に完食。

あまりに気に入ったのでその後、何度か通販でお取り寄せしましたがお店で頂いたときのような絶妙な味付けができず。お店との違いを考えてみると、大量にうどんを茹でたゆで汁がポイントなのだと思いました。自宅で食べてもかなり美味しいかまたまが食べられます。

 

f:id:tabiru:20060213102959j:plain

裏に食べる場所があってこちらで頂きました。屋台感覚で食べるからより美味しく感じるのもあるかも。

 

f:id:tabiru:20060213104106j:plain

帰り際に振り返ってみると民家な佇まい。入り口と出口がこのようにわかれているのが面白いです。

 

山越えうどんの長蛇の列は有名です。かまたまうどんは今はどこの讃岐うどん屋もメニューにありますが、もともと山越えうどんがはじめたもの。元祖かまたまうどんと聞けば食べてみたくなる人が多いのもあるのでしょうが、本当に美味しいです。

ゴールデンゥイークなどの大型連休ともなるとズラーッと信じられないくらい人が並んでいる様子が写真でUPされているのを見かけます。それほど人気のお店です。映画UDON(2006年)にも登場しています。

 

山越えうどん

住所 香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2

営業時間 9:00~13:30 日休

広告を非表示にする