tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【京都】豆餅のデキたてを味わって欲しい!出町ふたば「名代豆餅」&隠れたふたばの絶品「お赤飯」出町柳

出町柳の本店を訪れたなら、豆餅のデキたてを食べてみてください!

 

f:id:tabiru:20170416142511j:plain

出町ふたばは1899年創業の老舗和菓子店です。出町柳と言えば「あの行列ができるお店があるところよね」と言われるほど有名で「名代豆餅」(1個170円)が看板商品です。

行列に並んでも出町柳本店で購入して頂きたい!そのおすすめの理由は豆餅のデキたてがすごく美味しい!からです

 

まず餅の伸びが違います。その食感がモチモチと柔らかく本当に美味しいです。少しでも時間が経つと表面がかたくなっていきますので、出町柳の本店で買ってすぐに食べないとその食感は味わえません。餅が柔らかいので豆のプチプチとした食感が際立って悶絶もの!アンコは甘すぎず塩味が効いていて、あまじょっぱさがたまりません!

スポンサーリンク

f:id:tabiru:20170505002713j:plain

(左下)「栗餅」(秋限定 1個190円)

 秋には限定の栗餅も並びますが、やっぱり豆餅がおすすめです。

 

何度かリピートしているうちに「豆餅~!」といつしか禁断症状がでるまでに愛するようになりました。ふたばの豆餅をはじめて食べたとき「なぜもっとはやく食べなかったのか!」と後悔したほどです。ただ断っておくと名古屋などアンコの国から来られた方には甘さが足りないと感じると思います。

 

豆餅のデキたてを味わうために、食べられる場所の紹介をします。

少し歩いたところに鴨川があり、ベンチがあったり三角州(鴨川デルタ・小説鴨川ホルモーで有名です)あたりで座って食べることができます。

お茶など最寄りのコンビニか横断歩道あたりの自販機で購入していくといいでしょう。

ふたばの豆餅以外の商品 (豆餅以外のおすすめ)

f:id:tabiru:20170505002748j:plain

そして豆餅以外におすすめしたいのが、秋以降に販売される渋皮付の栗の入ったお赤飯です。

 もともとふたばのお赤飯が大好き!

ふっくらと炊き上げられてて優しい味です。

ある日、栗が入ってて!この渋皮のほのかな苦味がお赤飯と合ってて美味しいです!私は渋皮付の栗の入ったお赤飯をはじめて食べたのですが、その衝撃は雷ズドーンでした。それ以来、このお赤飯があると必ず買ってしまいます。そして同時に秋の訪れを感じることが出来ます。

 いつ頃まで販売しているか店員さんに聞いたことは無いのですが、1月あたりまで売られていたような記憶があります。無くなり次第終了の季節限定だと思います。

f:id:tabiru:20170505002729j:plain

他にもさまざまな和菓子がケース内に並んでいます。季節感があり眺めるうちについついそちらも購入しがちですが豆餅がいちばんおすすめです。

 

行列に並びたくない、と思われる方も多いと思いますが接客がテキパキしているので見た目よりは進みがはやいです。また出町柳であえて並んで買うのもいい思い出になるのでおすすめです。テレビでも紹介されることがありますから見かける度に旅の思い出が甦りますし「並んだ」話は旅話のネタにもなります。

そして何よりも本店の雰囲気を楽しんで欲しいなぁと思います。豆餅が木枠の箱に並び、あっという間に空っぽになって奥から補充されていく様子は昔から変わらない光景で手作りの良さを感じることができます。

賀茂神社世界遺産に登録されていて、5月の「葵祭」の手を洗う場面がニュースで出てくる場所もありますし、「君が代」に出てくる石もあり、運が良ければ白無垢の花嫁さんが境内を横切ります。手鏡の形の絵馬で有名な美人祈願の可合神社もあり、観光がてら「ふたば」さんに立ち寄るのもおすすめです。

 

名代豆餅

住所:〒610-1104 京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236

京阪電気鉄道出町柳駅」徒歩5分
京都駅 市バス「4系統」「205系統」「17系統」乗車約30分

営業時間 8:30~17:00 定休日 火曜日、第4水曜日(祝日の場合は翌日)

電話番号:075-231-1658(電話予約も可能です)

スポンサーリンク
名代豆餅はデパ地下でも購入できます

 

豆餅は本店に赴かなくともデパ地下で購入することができます。出町柳まで行く時間の余裕の無い方に参考までに紹介します

 

京都高島屋・地下1階 銘菓百選四条河原町

京都高島屋オフィシャルサイト

午前10:30~、午後14時~

火曜、第4水曜日を除く(祝日の場合は翌日)

事前の取り置きについては販売員にお問い合わせしてください

 

JR京都伊勢丹・地下1階 京銘菓(京都駅)

JR京都伊勢丹オフィシャルサイト

月・水・金・土・日の正午から・午後2時30分から販売
※土曜日は午後2時30分からのみの販売 ※第4水曜日を除く