tabiruの旅

海外・国内旅行の体験&観光案内with食べ歩きグルメ。旅行を充実させるためのヒントに。

【岐阜】長良川鉄道「関市役所前駅」 観光スポット・ナイフ専門の博物館「ナイフ博物館」(入館料無料)

【岐阜】長良川鉄道「関市役所前駅」

 

f:id:tabiru:20170423103052j:plain

 岐阜バスで関シティターミナル(関駅)から、徒歩で約15分、ひと駅隣の関市役所前駅までやってきました。

 長良川鉄道は単線で、

f:id:tabiru:20170423103043j:plain

おぉ~!まっすぐ線路が伸びるよ、どこまでも。

 映画スタンド・バイ・ミーみたいに線路を歩いて旅がしてみたくなるような光景。

 この日は天気が良くて雲ひとつない空が美しく、まるで映画の世界!

スポンサーリンク

 

f:id:tabiru:20170423103433j:plain

 目の前には畑が広がり、田園風景が素敵。

 ひとりでポツンと待っていたのですが、のどかで気持ち良くてひとりで味わうのが勿体ない気持ちになるほどでした。

 

f:id:tabiru:20170423103625j:plain

電車がやってきました。

 長良川鉄道の列車は全線で車掌が乗っていない「ワンマン運転」なので後方から機械から整理券を受け取って乗車し、前方から降りるようになっています。

この電車は「ナガラ300形 304号」で向かい合わせのボックス座席となっていて旅気分がグッとでます。

 しかしこの後、関駅で乗り換えの案内があり、電車は横長椅子の車両に変更しちょっぴり残念。

乗客が「前も関駅で乗り換えだったわ!」と話していたので、関駅で乗り換えはよくあるようです。

しばらく停車の後、美濃太田駅へと向かったのでした。

 

【岐阜】長良川鉄道「関市役所前駅」の観光スポット

 

f:id:tabiru:20170930111001j:plain

今回は訪れていませんが、関市役所前駅には世界でも数少ないナイフ専門の博物館「ナイフ博物館」(入館料無料)があります。

 さまざまなナイフが約1,500点が展示され、全長5.1m、総重量600kgの世界一大きな「ガリバーナイフ」を見に行くだけでも旅話のネタにおすすめです。

 すごく昔に行ったことがあるのですが、いろいろお話ししてくださって楽しいところでした。ナイフ販売所も隣接しており刃物で有名な関の刃物も入手できます。ぶらりと寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 ナイフ博物館

住所:岐阜県関市平賀町7丁目3

営業時間:午前10:00〜午後4:00、定休日 土曜日・日曜日・祝日